意外に安くないフィリピンの物価

セブ
sponsored link

 

たくさんの方に、記事『 フィリピンの生活費 』をご覧いただき、

『 そんな使わねぇよ 』 『 そんなに物価高いの? 』

と思う方もいると思うので、

何にどれだけ使ったか、物価を含め書いてみようと思います。

意外に安くないセブ島の物価


sponsored link

 食費(1食)

  • 屋台         50ペソ前後(脂っこく塩辛いので基本利用しない
  • ファーストフード  100ペソ前後
  • レストラン      300ペソ前後

コーヒー

  • インスタント     5ペソ前後
  • 有名コーヒー店   100ペソ~300ペソ

タバコ

銘柄によります     30ペソ~70ペソ

お酒

  • ビール(飲み屋)  50ペソ~100ペソ
  • ビール(スーパー)  30ペソ前後
  • 輸入銘柄       大体日本の2倍

飲み物

  • 水(500ml)      10ペソ前後
  • 水(1ℓ)        30ペソ前後
  • ジュース(1.5ℓ)   40ペソ~50ペソ

携帯代

  • LTE使い放題    999ペソ
  • テキスト(SMS)   1通1ペソ

一般的な物価はこんな感じになります。

俺の生活例


  •  コンドミニアム  月14,000ペソ~16000ペソ
  • 光熱費       月2,000ペソ~3,000ペソ
  • 食費          月13,000ペソ(600ペソ前後×22日
  • 飲み物         月5,000ペソ(1日200ペソ前後
  • タバコ         月3,000ペソ(1日100ペソくらい
  • タクシー       月5,000ペソ
  • 洋服         月2,000ペソ前後
  • 携帯(LTE込)    月2,000ペソ~3,000ペソ
  • 夜遊び 日     月8,000ペソ(500ペソ前後×15日前後
  • 週末の食事     月8,000ペソ(800ペソ~1,000ペソ×8日
  • 予期せぬ出費  月10,000ペソ~

大体         月62,000~76,000

かなりの頻度で仕事後に遊んでいたので、分かるだけでもこのくらいはかかっていました。これでもBBやKTVには、ほとんど行っていません。

ビザは会社が申請してくれていたので助かりましたが、仕事が終わるのが22時~24時だったので、仕事後の自炊は面倒になり、結局1週間分の食材を買いだめしても、食べる前に傷んじゃうんですよね。

自炊していた時期でも月15,000ペソ弱は使っていたので、仕事をしていてもほとんど赤字の生活です。笑

フィリピンのお金


両替やATMで引き落としをすると、大抵500ペソ、1000ペソの紙幣で支払われます。しかしセブでは、お釣りが無いという理由で使えない場面がたくさんあります。

例えば、

  • タクシー
  • コンビニ(たまに)
  • 小さなお店

は厳しいです。

  • ファーストフード店(ジョリビー、マック)
  • レストラン
  • スタバ等

では、たとえ100ペソ程度の飲食で1000ペソを出しても、問題ない場合が多いと思います。最低でもタクシーの往復代くらいは、100ペソで持ち歩きましょう。

10万円で生活する


  • 滞在先を10,000ペソ以内に抑える

  • 自炊or屋台生活

  • タクシーは使わずジプニー生活

  • 平日はあまり出かけない

色々な方がブログに書いていますが、結構な節約生活だと思います。何事にも金がかかる国です。節約もいいと思いますが、せっかく海外にいるんだから、いっぱい楽しまないと損ですよ。

ヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ

 

 

 

 

コメント